まったりと里親探し・3

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 優しい光に包まれて・・・TOP旅立ち ≫ 優しい光に包まれて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

優しい光に包まれて・・・

こんにちはー(^-^*)/


温暖と言われる浜松市でも雪が降ったり


2017-1-26-5.jpg


水溜りが凍ったり。

仕事中に何度滑ってコケそうになったことか∑ヾ(≧□≦*)ノ



さて。

予想外のお知らせでございます。

正直、ワタクシ自身もまだ心落ち着いておりませんが

センター収容中からご心配&応援いただきました皆様にご報告をと

PCに向かっております。


2015年11月に関西より保護いたしましたイタグレのルーガ、

ホルモン系の病気にて治療を続けておりましたが

1月24日 その生涯を終えました。


2017-1-26-2.jpg


美しい首輪をはめたまま飼い主によってセンターに持ち込まれ

一度は現地で里親様が見つかったそうなのですが

彼の緑内障を見てお断りされました。

「ひだまりとひるねの会」代表K様に間に入っていただき

「神戸セラピードッグ協会」代表O様に保護を申し出て

はるばる浜松までやってまいりました。


2017-1-26-1.jpg


人間の気持ちひとつで翻弄される命。

「ボクはどうしてここにいるんだろう!?」

「どうしてパパママと会えなくなってしまったのだろう!?」

行き場のない怒りや悲しみをワタクシにぶつけてきたルーガ。

ゆっくりゆっくりと絆を深めていた まだまだ矢先での旅立ちでした。


2017-1-26-6.jpg


旅立つ少し前に

ファウ ファウ ファウ・・・

と小さな声で鳴いて

ワタクシへのメッセージだったら嬉しいな・・・と自分を慰めております。


彼の体を神様にお返ししに行く時


2017-1-26-7.jpg


サンキャッチャーから沢山の優しい光が。

まるで我が家で看取った子たちが迎えに来てくれたかのように。


2017-1-26-3.jpg


みんな、ルーガを頼みます。

スポンサーサイト
旅立ち | Comments(8) | Trackbacks(-)

Comment

どうぞ安らかに
編集
ルーガ君の悲報に言葉もありません。

改めて当時のブログを拝見させていただきました。
9年も共に暮らした子を目が悪くなったから(見た目が悪くなったから?)と処分に持ち込んだ前の飼い主、お洋服も豪華な首輪も自身のお洒落の一部でしかなかったのでしょう。

アジママさんに愛され、愛に包まれて旅立ったルーガ君、どうぞ安らかに。
2017年01月27日(Fri) 10:13
No title
編集
ルーガ、もう病気と戦わなくてもいいんだね。
よくがんばったねお疲れさまでした。

アジママとアジパパのお家に来れてよかった!ってきっとそう思ってくれてる。
悲報を聞くのは辛いけど、どうかお気を落とさずに。

アジママに看取ってもらって安心してみんなのところに行けたんだ思います。

安らかにお眠り下さい。


2017年01月27日(Fri) 22:18
No title
編集
ルーガくん最後のパパとママに愛されて
安心して虹の橋を渡れましたね。

イタグレさんたちにはつらい季節に
なりましたね……

お身体ご自愛くださいね(*ˊᵕˋ*)
2017年01月30日(Mon) 21:12
ルーガ君、安らかに
編集
ルーガ君、今頃お空でのびのびと走りまわっているでしょうか。
最期をアジママと過ごせて穏やかだったのではないかと思います。

寂しく不安なまま過ごすわん仔が1匹でも少なくなりますように。
2017年02月05日(Sun) 21:55
>奈緒さん
編集
イタグレは見た目もスタイリッシュで専用のお洋服もあったり、カラーも幅広のオシャレなものが沢山売られていて、「オシャレな犬を連れて歩く=オシャレな自分」みたいな感覚にとらわれやすい犬種とも言えます。
自分の付属品扱いだと、基本の愛情が足らなくなるのかな・・・とも思います。

ルーガの魂は体を離れ、今は自由です。
自分を捨てた飼い主を恋しく思う気持ちが残っているのなら帰っても良し、我が家がいいと思ってくれるならこちらにいても良し。
柴の源太の時と同じ気持ちです。
2017年03月08日(Wed) 16:31
>まやまやさん
編集
看取る者はやはり悲しくて、毎回ビービー泣いてしまいますが、こうして一つの命の終わりを無事に見届けられたことに感謝しております。
こんなイタグレもいたよってことを多くの方に知っていただけたら幸いです。

そして、これからイタグレを迎えようとお考えの方に
「こんな子もいたけど、自分は何があっても絶対に最後まで愛情を与えるぞ!!」
と今一度お心に誓っていただけたら、ルーガも喜ぶのではと思っています。
2017年03月08日(Wed) 16:36
>るママさん
編集
ルーガという名前は早く覚えてくれたのですが、心の中はずっと複雑であったと思います。
時には捨てられまいと必死になっているようにも見えました。

春の訪れを感じられたと思ったら、また寒波。
ポカポカな季節が待ち遠しいですね。
2017年03月08日(Wed) 16:43
>おーたろさん
編集
ルーガにとって私が「オバチャン」から「ママ」に変わりつつあった頃の旅立ちでした。
繁殖引退犬とは別の心の傷ですが、相当深かったです。
我が家に来てルーガの寂しさ悲しさが癒されたのなら、そんなに嬉しいことはありません。
2017年03月08日(Wed) 16:55












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。